イギリスで働く。就職。転職。海外赴任。外資。

マネージャーとして日系メーカー@イギリスで働く楽しさ大変さを伝えるブログ

MENU

イギリス-日本 買ってよかったもの

マネージャのおしごと(3)

マネージャとしての仕事続き

前回からの続き

 

1.チームを大きくする。

2.方針を明確にする。

3.仕事を安定させる。

4.部下を育成する。

 

今回は4.部下を育成する。

 

部下は育つのか

外人特有というか、みんなよく喋るしゃべる。話を聞かない。ある一日もそうだった。こういうマトリクスがほしいのだ。伝わってるかな。多分伝わってないな。二回言ってみたけど、だめだろうな。かと言って、明確なColumn by Columnで何を書けば良いか私もわかっていない。画面の共有を奪って、こういうのがほしいと書いてみても、途中から割り込んできてしゃべるしゃべる。

なかなか言っていることが伝わらない。そして、次の日。確実に違うものが出てくる、か、出てこないか。

 

と思っていたら、やはり出てこない。

 

知識はつけられる。経験も与えられる。 経験の結果として、知識は得られる。ただ、知恵は与えられない。私もそうやって、諸先輩方に 思われてきたのだろうと思うと、それはそれでそんなものだろうと思う。

 

ということで、仕事の進め方を教えるためのやり方を少し考える。

 

誘導する感じで質問をしていく。話をするとすぐ説明した気になるので、あえてチャットで質問する。何度同じ質問をしたか。

「この問題の原因はXXXなのか?(多分現時点で原因ははっきりしていないと思う)」

と聞いたら何かごたごた言って、結局質問に回答してくれなかった。

「結局質問に回答してくれてないけど。この問題の原因はXXXなのか?(まだわかってないと思うけどね)」

 

知識はつけられる。経験も与えられる。同じことを何回も聞いて、考え方を与えてみる。

 


イギリス関連ブログへのリンク
↑応援クリックよろしくおねがいします。