イギリスで働く。就職。転職。海外赴任。外資。

マネージャーとして日系メーカー@イギリスで働く楽しさ大変さを伝えるブログ

MENU

イギリス-日本 買ってよかったもの

買ってよかったもの一覧(随時追記)

目次

 Anker Eufy RoboVac11S (2021/3/6記載:イギリスで働く記録 - イギリスで働く


日本とイギリスでは2-3000円 ぐらい購入価格差がある(日本のほうが安い)ので、日本で購入し、スーツケースにいれて持ってきた。さすがAnkerは世界マーケットを念頭においているだけあって、電圧も100-240V対応。変圧器いらずで嬉しい。

ルンバと比べると部屋マップが作れない等、機能で劣る部分はあるが、掃除性能は問題なし。コスパがとてもいい。

 

3000W変圧器(2021/3/7記載:日本とイギリスの役割の考え方の違い - イギリスで働く)

 

 

やはり変圧器は必須。1500Wのものにしようかと考えたが、炊飯器を連続稼働させると1500Wのものでは不安。また、炊飯器と同時に電磁調理器や電気ポットの両方を同時に稼働させるかもしれないと思い、大きめ容量を購入。また、イギリスから便利な家電を日本に持ち帰ることも考えて100V→240Vに昇圧できることも決め手。ちょっと高い。3万円ぐらいだが、これがあればほとんどの日本のものに対応できる。

 

玄米(2021/3/9記載:働かない部下、凝り固まる部下 - イギリスで働く

 日本の米は高いがイギリスの日本食スーパーや中華スーパーでも売っているが、玄米はなかなか売っていない。健康を考慮して玄米を食べたい人は日本で買って持っていったほうがよい。ただ、重たいんですけどね。

 

モニター(2021/3/20記載:イギリス人の有給休暇感覚はいかほどか - イギリスで働く。就職。転職。海外赴任。)

 

 これは買ってよかった。なにせ在宅勤務が長くなるので二画面は必須。たまに、ある会議はステータスをずっと報告している会議がある。ビデオ的に流れていて、たまに自分に関係するところだけ反応すればいいので、そういう使い方をしないと時間が効率的に使えない。まぁ本当は自分に関係するところだけメールで送ってくれと言ったほうが効率的には良いのかもしれない。

後は自分の画面を見せて説明している間に他の人とこっそりチャットしたい時があるので、そういう意味でも必要。在宅勤務ではやはり必須。