イギリスで働く。就職。転職。海外赴任。外資。

マネージャーとして日系メーカー@イギリスで働く楽しさ大変さを伝えるブログ

MENU

イギリス-日本 買ってよかったもの

PMP資格を取得(1)

PMP資格を取得

しばらくブログを書くのを休み、PMP資格を取得した。土日は12時間ほど勉強し、仕事後も2-3時間勉強する日々を一ヶ月ぐらい続けて取得。きっかけは業務上私自身はProject Manager(というよりProgram Manager)をしているが、PM Teamを新たに立ち上げることを考えており、その中でやはり資格保持者を採用したほうがいいと考えたが、実際どの程度のものだろうかと考えて自分で取得することにしてみた。

私が出した結論は門戸を狭めることまでして、必須にするかというとそうでもない。ただ、確実にあったほうがいい。何故なら、PMの全体像として何をする必要があるのかというのを体系的に理解できている(勉強した)ことを証明するからだ。

例えば、通常のプロジェクトでステークホルダー管理をするか。かっちりしている人は少ないのではないか。ただ、ドキュメントに起こされていなくても、頭の中である程度大雑把にリスト化されているだけでも、結果は異なる。

リスク管理をかっちりするか。もちろん、超大規模プロジェクトであれば必ず実施するだろうが、中規模であれば実施する人は少ない。そんなところまでする工数もない。ただ、これも同様。少なくとも必要だとわかっていれば、頭の中で多少は自然とリスト化されている。

これらのことをPMチーム4人程度いたとして、3人が資格保持者であれば、特に管理すべき内容を判断して、Proactiveに自然にみんなが管理していくことになる。そういう意味で資格保持者であったほうがいいと、強く感じた。

 

ただ、一抹の懸念は結局PMがアウトプットするコンテンツまでには全く触れておらず、どういう内容をリスクとして登録するか等は、この資格では語られない。プロセスとコンテンツの両方が備わって初めてPMは成り立つ。ただ、そこはPMPの受験資格である「PM経験」である程度カバーしていると考えるのが妥当かも。

 

教材などをまとめておく。

 

使った教材

Rita本とかPMBOKを読むとかというアドバイスはあったが、Rita本は開いたもののほとんど見ておらず。また、日本語教材を入手することが難しく、また、最近はよくなっているらしいが翻訳の精度が悪いという話もあったので、英語で受験することを判断。

 

  1. PrepCast
    有料。合計で2000問ぐらいあるが、全問実施。間違えたところと自分でMarkをつけたところを全問振り返り。何度回答を読んでも同じ間違いするところはもう諦めた。
  2. Joseph Phillips のUdemy Course 
    正直PDU稼ぎのためだが、Agileの小テストはテストを繰り返し実施。
  3. Agile Practice Guide
    用語中心に理解を進めた。

続きは後日